りこぴんのココカラ上がる話♪

バツイチのりこぴんが健康美を目指しながら日常をつづるブログです♪

エストロゲン増やす食べ物7選!女性ホルモンで妊活、美肌に

f:id:hanabiagaru:20170805230637j:plain

2017年8月6日更新: こんにちは!りこぴんです♪ 美肌妊活にも効果的なエストロゲンとは?女性ホルモンのエストロゲンの増やし方やコレステロールとの関係。エストロゲンを食事で増やすには?エストロゲンを増やす食べ物7選についてご紹介しますね!

David Photo Studio

 

◆目次◆(クリックすると飛びます↓)

 

 エストロゲンとは?

2017年8月6日更新

エストロゲンとは、なんでしょう?

 

美肌や妊活にいいと聞くと

とっても気になりますよね^^

 

まず下記をご覧くださいね ↓ 

代表的な女性ホルモンとしてよく知られているのが、 「エストロゲン」と 「プロゲステロン」です。 エストロゲンは、卵巣ホルモンとも呼ばれ、生理周期の前半の 期間を安定させる役割を担っています。 プロゲステロンは、黄体ホルモンとも呼ばれ、生理周期の 後半期間の維持、妊娠黄体の形成などを行います。

引用:エストロゲンとプロゲステロンの作用と効果

 

美肌や女性らしいボディライン

をつくるには女性ホルモンが必要、

と聞いたことはありませんか?

 

女性ホルモンには、

エストロゲン(卵胞ホルモン)

プロゲステロン(黄体ホルモン)

の2つがあります。

 

特に女性がもっとも女性らしく

あるため必要なホルモンが

エストロゲンです。

 

エストロゲンは一生のうちで、

わずかティースプーン一杯しか

分泌されないといわれています。

 

年齢を重ねてもずっときれいでいたい!

そうだれでも女性ならおもいますよね。

 

美肌だけでなく

髪をつややかにしたり、

 

赤ちゃんがほしい妊活中の女性にも、

正常にエストロゲンを分泌させることは

とても大切なんですよ^^

 

エストロゲンの分泌場所は?

f:id:hanabiagaru:20170805231739j:plain

 

この女性にとってかかせないエストロゲン

の分泌場所はどこでしょうか?

 

ちょっとわかりづらいですよね^^

 

実は・・・

エストロゲンの分泌場所

卵巣です。

 

まずエストロゲンを出すように、

脳が卵巣に指令を出し、そして卵巣から

エストロゲンが分泌されるようになります。 

 

 

エストロゲンを増やすメリット5つの効果

続いてエストロゲンを増やすメリットは

何なのでしょうか?

5つの効果をご紹介しますね!

 

1.美肌をつくる

f:id:hanabiagaru:20170805231806j:plain

 

エストロゲンは美人ホルモン

ともいわれ、

きれいな肌をつくるのに重要です。

 

排卵前の女性は魅力的に映るって、

聞いたことありませんか?

 

それは女性ホルモンのエストロゲンが、

排卵前により多く分泌されるから。

 

肌がツヤツヤと輝き、

なぜか自然に男性をもとめて、

派手なファッションになる傾向がある

というデータもあるとか。

 

そのエストロゲンも 、

20代をピークに30代になると、

徐々に減少してしまいます。

 

 

エストロゲンは美肌にとって、

なくてはならないもの。

 

肌のハリの元、コラーゲンをつくり、

うるおいのもとにもなるんです。

 

逆にエストロゲンが減少すると、

年齢とともに肌が老化し、

ほうれい線も目立つように!

 

そうならないためにも、

美人ホルモンといわれるエストロゲン

が大切なんですね。

 

*美肌については、

 下記も参考にしてみてくださいね ↓  

www.hanabiagaru.net

 

 

2.妊活中の女性必見!妊娠しやい体へ

f:id:hanabiagaru:20170805232033j:plain

 

人気お笑いタレントの大島美幸さんが

口にされ話題になった「妊活」

 

晩婚化が進んでいるせいもあり、

30歳~40歳前後の女性で、

赤ちゃんがほしいと

妊活する女性が増えているようです。

 

私の友人にも、妊活中という女性が、

けっこういますよ^^

 

エストロゲンはそんな妊娠を望み、

妊活をがんばる女性にとって

必要な女性ホルモンといわれています。

 

エストロゲンの大きな役割として、

この妊娠しやすい状態へと

体を整えること。

 

子宮内膜を分厚くふかふかにして、

受精卵を着床しやすくするんです。

 

 

3.女性らしくセクシーな体に

f:id:hanabiagaru:20170805232053j:plain

 

エストロゲンは、女性の乳房

太もも、腰まわりを

女性らしく丸みをおびた

美しいボディラインをつくります。

 

また、がぷるんとした女性は

セクシーで魅力的に見えますよね?

 

それも、実はエストロゲンが作用した

効果ともいわれているんですよ。 

 

 

 

4.自律神経を整え心を健康に

f:id:hanabiagaru:20170805232138j:plain

 

エストロゲンが減少すると、

自律神経も乱れてくるようです。

 

エストロゲンの分泌が減少すると、

イライラしたり、ストレスを抱えたり。

 

自律神経を安定させ、

心の健康を維持するためにも、

エストロゲンが必要なんですよ^^

 

*イライラや自律神経については

 下記も参考にしてみてくださいね ↓  

www.hanabiagaru.net

 

www.hanabiagaru.net

  

 

5.エストロゲンはコレステロールと密接な関係?

f:id:hanabiagaru:20170805232306j:plain

 

一般的に年齢を重ねていくと、

LDLコレステロールと中性脂肪は

だんだんと増えていくことになります。

 

女性は特に女性ホルモン・エストロゲンが

LDLコレステロールの増加

に大きく関わってきます。

 

それはどのように関係してくるのか・・・

 

エストロゲンには、LDLコレステロールの

異化や排泄を促進させる働きがあって、

 

中高年期になり女性が閉経すると、

女性ホルモンのエストロゲンが減り、

LDLコレステロールも分解する機能が

低下してしまいます。

 

なので、閉経後はLDLコレステロールがふえ、

高脂血症を治療するケースが

 

全体のおよそ30~40%になる

いわれているんです。

 

このように女性ホルモン・エストロゲンと

LDLコレステロールは密接に関係してきます。

 

*コレステロールについては 

 下記も参考にしてみてくださいね ↓ 

www.hanabiagaru.net

 

 

 

エストロゲンを増やす食べ物7選

エストロゲンは食べ物や飲み物でも、

増やすことができるんですよ^^

 

ふだんの食生活ですこし意識して

取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

1.納豆・豆腐など大豆食品

f:id:hanabiagaru:20170805232328j:plain

 

納豆、豆腐、きなこ、油揚げ、味噌など、

大豆食品には大豆イソフラボン

がふくまれています。

 

この大豆イソフラボンはとっても優秀!

 

エストロゲンとそっくりの働きで 、

エストロゲンが少ないと補い、

逆に多いと、少なくなるよう、

バランスをうまく保ってくれるんです。 

 

私の場合は、納豆を毎日いただきますが、

納豆には葉酸がおおく含まれていて、

貧血を予防してくれる効果があるんです。

 

私もそうですが、 

貧血ぎみの方にはおすすめですよ^^

 

*大豆食品については

 下記も参考にしてみてくださいね ↓  

www.hanabiagaru.net

  

2.ザクロ、山芋

f:id:hanabiagaru:20170805232549j:plain

ザクロや山芋にも、

イソフラボンがたっぷりと含まれて

おすすめですよ。

 

*山芋については 

 下記も参考にしてみてくださいね ↓  

www.hanabiagaru.net

 

 

 

3.ごま

f:id:hanabiagaru:20170805232608j:plain

 

ごまに含まれる「ゴマリグナン」

ポリフェノールの一種で、

エストロゲンとよく似た働きをします。

 

ごまはそのままでは消化できないので、

必ずすり下ろして食べてくださいね。 

 

4.卵

f:id:hanabiagaru:20170805232809j:plain

 

卵は、エストロゲンの材料となる

良質なコレストロール

豊富に含まれています。

 

また食物繊維とビタミンC以外、

すべての栄養素が入っているんです。

 

卵は「完全食」といわれ

大変すぐれもの。

 

1日1個が目安ですので、

毎日食べるようにしてくださいね。

 

加熱すると卵黄にあるビオチンの吸収が

アップしますよ。

 

ビオチンは、美肌をつくるだけでなく、

皮膚の健康にもとっても大切。

 

産後に髪の毛が抜けやすくなる、

抜け毛に悩んでいるママさんにも

とっていただきたい成分なんです。

  

*抜け毛、薄毛については 

 下記も参考にしてみてくださいね ↓  

www.hanabiagaru.net

 

 

5.キャベツ

f:id:hanabiagaru:20170805233037j:plain

 

キャベツにあるボロンという成分が、

エストロゲンを活性化する働きがあります。

 

ボロンにはバストアップ効果

があることで注目されているんですよ。

 

6.プルーン

f:id:hanabiagaru:20170805233057j:plain

 

プルーンには、ボロンとエストロゲンの

両方が入っています。

 

生のプルーンでもいいですが、

手軽にとれるドライプルーンもおすすめです!

 

7.アボガド、かぼちゃ

f:id:hanabiagaru:20170805233112j:plain

アボガドやかぼちゃに含まれる

ビタミンEは、

 

エストロゲンをつくり出す

卵巣の機能の衰えをカバー

してくれます。

 

そのため、エストロゲンの生成には

大切なんです。

 

アボガドやかぼちゃ以外には、

アーモンド、大根の葉にもたっぷりと

含まれていますよ。 

 

 

 

エストロゲンを増やすお食事レシピ

上記にあげた食べ物を使って、

いろんなお食事のレシピがありましたので、

ご紹介しますね!

 

レンジで簡単!キャベツ&納豆

f:id:hanabiagaru:20170805233259j:plain

出典:cookpad.com

 

【材料】

キャベツ→2~3枚 

納豆→1パック 

めんつゆ→適量

 

【作り方・レシピ】

 

1.千切りにしたキャベツをお皿に盛る

 

2.電子レンジ600Wで3分加熱する

 

3.納豆をよくまぜる

 

4.キャベツに納豆とめんつゆをかけて完成!

 

エストロゲン食品の納豆とキャベツが

両方とれて、簡単でうれしいですね!

 

キャベツの加熱は1分程度でもいいかも?

私はすこし短めにしていますよ^^

 

豆乳イソフラボンパスタ

f:id:hanabiagaru:20161112170314j:plain

cookpad.com

 

豆乳は牛乳よりヘルシーで

イソフラボンも摂れて美肌にいいですね^^

 

かぼちゃの豆乳プリン

f:id:hanabiagaru:20161112170518j:plain

cookpad.com

 

これなら小さなお子さまがいる方でも、

一緒にいただけそうですね!

 

ピンクのスムージー 

f:id:hanabiagaru:20161112170528j:plain

cookpad.com

 

彩りもきれいですね!

 

あとはザクロと豆乳を組み合わせて

ザクロ豆乳にしてもおいしいですよ^^

 

最後に

今回は「エストロゲン増やす食べ物7選!

女性ホルモンで妊活、美肌に」と題して

ご紹介しましたがいかがでしたか?^^

 

エストロゲンは、女性にとって

心とからだの健康をたもつために、

欠かせないものです。

 

年齢とともに減少してしまう

エストロゲンですが、

こうして少し食べ物を変えるだけで、

じゅうぶん同様の働きをしてくれますよ^^

 

また手っ取り早くサプリで

エストロゲンを摂取してしまうのも

アリかもしれませんね。

 

その場合、天然のエストロゲンサプリが

安心できていいですね。

 

下記はメール便で送料が無料ですし、

お財布にもやさしくておすすめです!

 

今回の記事、男性の方は、

彼女や奥様、お知り合いの方に

ぜひ教えてあげてくださいね。

 

なにかのお役に立てたらうれしいです!

  

最後までお付き合いくださり、

ありがとうございました!

 

りこぴんでした♪